ここから本文です

内田のシャルケ、MFベンタレブ獲得 トッテナムで構想外の21歳

SOCCER KING 8月26日(金)13時17分配信

 DF内田篤人が所属するシャルケは25日、トッテナムからアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブをレンタル移籍で獲得したと公式HP上で発表した。

 ベンタレブはすでにトッテナムで構想外となっており、移籍が確実視されていた。18日にメディカルチェックを通過し、その後契約の詳細を交渉していたという。同選手はシャルケに1年間のローン移籍で加入し、10番を背負うことになる。

 中盤の守備的な位置を得意とするベンタレブ。現在21歳だが、2013ー14シーズンのトップチーム昇格以降は一度もクラブを離れておらず、公式戦66試合に出場してきた。しかし昨シーズンは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のもとで優勝争いに絡んだチーム内で、リーグ戦わずか5試合の出場にとどまるなど、不本意な成績に終わっていた。

 24日にはアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンも退団したトッテナム。8月末の移籍市場閉幕までに、人員の整理を行っている模様だ。

SOCCER KING

最終更新:8月26日(金)14時49分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。