ここから本文です

ブッフォンがCL抽選結果に言及「GS突破は手の届くところにある」

SOCCER KING 8月26日(金)17時33分配信

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの抽選会が25日に行われ、イタリア王者のユヴェントスはグループHに入り、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャ、リヨン、ディナモ・ザグレブと対戦することとなった。

 イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、『ユヴェントスTV』のインタビューに応じ、「全てのチームを過小評価すべきではないが、グループステージ突破は我々の手の届くところにある」と、決勝トーナメント進出に自信を覗かせた。

 対戦相手については「どのチームが最も怖い相手かというのは難しい。ディナモ・ザグレブはタレント軍団で、セビージャは強固なチーム。そして、リヨンはここ最近輝きを失っているものの、フランスのエリートの1つだ。この大会で大きな足跡を残したいのであれば、最初からすぐに勝利を収めなければならない」とコメント。どのチームも油断できないと分析し、同大会への強い気持ちを口にした。

 さらに「チャンピオンズリーグが脅迫観念となってはならない。(16-17シーズンのCL決勝が行われる)カーディフのことを考えたいが、それは誤りだとわかっている。対戦カードでは我々が勝ち抜けの候補に見えるが、それはピッチで戦ってみないとわからない。気持ちの強さと努力は、より強固なグループであるための必要不可欠な要素だ」と語り、油断は禁物だと気を引き締めた。

SOCCER KING

最終更新:8月26日(金)17時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。