ここから本文です

マンC、バルサGKブラーボを完全移籍で獲得…契約は4年間

ゲキサカ 8月26日(金)8時3分配信

 マンチェスター・シティは25日、バルセロナからGKクラウディオ・ブラーボを完全移籍で獲得したと発表した。なお、契約は4年間を併せて発表している。

 ブラーボはクラブを通じて、「マンチェスター・シティに加入できたことを誇りに思っているよ。特別なことを築いているクラブだと知っているし、これからの将来で成功するクラブの一部になれることを希望している」とコメント。

 また、ブラーボ獲得を望んでいたジョゼップ・グアルディオラ監督は「クラウディオは素晴らしいGKであり、エクセレントな補強になった。シティの選手になってくれて、とてもうれしいよ」と話している。

 14年夏にバルセロナに加入したブラーボは14-15シーズンの三冠、15-16シーズンの国内二冠など多くのタイトル獲得に貢献したが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとのローテーション起用に不満を抱えており、移籍を望んでいた。

「バルセロナのようなクラブを退団することを決断するのは難しかった。素晴らしい2年間を過ごしたけど、グアルディオラ監督と一緒に働く機会を断ることはできなかった。素晴らしいGKたちと新たなチャレンジに向かっていくよ。さらなるトロフィー獲得を願っている」

最終更新:8月26日(金)8時4分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。