ここから本文です

[全中]青森山田で憧れの柴崎岳を追う、藤原優大が攻守に存在感

ゲキサカ 8/26(金) 11:53配信

[8.25 全中決勝 青森山田中4-0暁星国際中 富山陸]

 背番号4が攻守に存在感を放っていた。DF藤原優大は準々決勝から決勝まで3試合連続ゴールを記録。特に準決勝では決勝点、守備面でも安定したポジショニングで、相手のチャンスの芽を摘んでいた。「チームのために走ろうと思っていた」と話す大型ボランチが青森山田中(青森)の3連覇に大きく貢献した。

 東北大会まではCBでプレーしていた。しかし先輩CBの復帰によって、1年生の昨年プレーしていたボランチに再転向することになった。そうして迎えた今大会。「スタメン11人だけではなくて、みんなで戦えた。チームとして戦えたと思っています」と充実の汗をぬぐった。

 青森山田のボランチ。憧れは柴崎岳(鹿島)だ。青森県出身のサッカー少年なら誰もが憧れる存在で、青森県弘前市出身の藤原もその例に漏れない。「青森山田で頑張って、プロに行って、代表にも呼ばれている。自分も柴崎選手のように憧れられる選手になっていきたい」。身体を含め、すべての面で成長期にある中学2年生の可能性は無限大に広がっている。

最終更新:8/26(金) 12:21

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。