ここから本文です

イエレン氏講演や黒田総裁討論会が注目点-ジャクソンホール・シンポ

Bloomberg 8月26日(金)11時58分配信

米ワイオミング州ジャクソンホールで25日から開かれる年次経済政策シンポジウムの詳細な日程が公表された。主催するカンザスシティー連銀によれば、25日の夕食会で公式に開幕。注目のイベントは26日午前のイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演のほか、黒田東彦・日本銀行総裁とクーレ欧州中央銀行(ECB)理事、カルステンス・メキシコ中銀総裁が参加する27日のパネル討論会だ。

既報の通り、ドラギECB総裁とカーニー・イングランド銀行総裁は欠席する。参加者リストによれば、バーナンキ前FRB議長とウォーシュ元FRB理事も参加予定。ウォーシュ氏は25日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)にFRB戦略を痛烈に批判する論説を寄稿している。

主要日程(ニューヨーク時間)は以下の通り:26日午前10時(日本時間午後11時):イエレン議長が講演。演題は「連邦準備制度の金融政策ツールキット」

午前10時半(同午後11時半):「金融市場情勢の変化への適応」。筆者はスタンフォード大学のダレル・ダフィー、アービンド・クリシュナマーシー両氏。討論参加者はイングランド銀のシャフィク副総裁

27日午前10時(日本時間午後11時):「中銀のバランスシートと金融安定性」。筆者はハーバード大学のジェレミー・スタイン、ロビン・グリーンウッド、サム・ハンソンの各氏。討論参加者はシカゴ大学のランドール・クロズナー氏

午後0時25分(同28日午前1時25分):総括パネル討論会:参加者はカルステンス・メキシコ中銀総裁、クーレECB理事、黒田・日銀総裁

午後4時(同28日午前5時):閉会

原題:Fed Releases Details of Jackson Hole Conference and Attendees(抜粋)

Steve Matthews

最終更新:8月26日(金)11時58分

Bloomberg

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。