ここから本文です

9月米利上げ確率3分の1-英国民投票直後のゼロから市場の見方変化

Bloomberg 8月26日(金)15時28分配信

トレーダーらは9月の米利上げの確率をほぼ3分の1とみている。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の26日の講演を前に、さらに2人の連銀総裁が引き締め支持の声を上げた。

先物市場が織り込む9月利上げ確率は32%と、2週間前の2倍。英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票の直後にはゼロになっていた。政策金利の動向に敏感な米2年債の利回りは週ベースで2週連続の上昇に向かっている。

カンザスシティー連銀のジョージ総裁は25日、利上げが適切だとの見解をあらためて表明。ダラス連銀のカプラン総裁は、追加利上げを支える「論拠は強まりつつある」と語った。トリプルTコンサルティングのアナリスト、ショーン・キーン氏(オークランド在勤)は、イエレン議長が他の当局者らの強気の論調を引き継げば、「市場が織り込む9月利上げの確率は60-70%に近づく公算が大きい」と話した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによれば、米2年債利回りはロンドン時間26日午前6時41分(日本時間午後2時41分)現在、前週末比3ベーシスポイント(bp)上昇の0.78%。

原題:September Fed Bets Jump to 1-in-3 From Zero as Yellen Speech Key(抜粋)

Kevin Buckland, Narayanan Somasundaram

最終更新:8月26日(金)15時28分

Bloomberg