ここから本文です

サマーセール5日目、スクリーンヒーロー産駒が最高価格の1620万円

netkeiba.com 8月27日(土)10時48分配信

 5日間にわたって開催された「2016サマーセール」の5日目が26日、北海道新ひだか町の北海道市場で行われた。

 最終日となるこの日は1歳馬239頭(牡馬124頭、牝馬115頭)が上場され、うち153頭(牡馬84頭、牝馬69頭)が落札。売却総額は6億7608万円(税込)で、売却率は64.01%、平均価格は約441万円だった。

 最高価格馬は、おじにシャドウゲイトがいる「ネローリ27」(牡、父スクリーンヒーロー)で、日本中央競馬会が1620万円(税込)で落札した。

 また、5日間の売却総額は40億1436万円(税込)で、売却率は63.54%、平均価格は約498万円となった。最高価格馬は2頭が並び、2日目に上場された「アグネスワルツ27」(牡、父ルーラーシップ)と4日目に上場された「プリティジョディーの2015」(牡、父ルーラーシップ)の2916万円だった。

最終更新:8月27日(土)10時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。