ここから本文です

【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

レスポンス 8月27日(土)0時0分配信

トヨタ自動車は8月26日までに、今冬に発売する新型『プリウスPHV』の報道関係者向け試乗・技術説明会を開いた。2代目となる新型は、2012年に投入した初代モデルより、デザイン、走り、環境性能などすべてで大きな進化を遂げたとの印象だ。

[関連写真]

走りでは、PHVの特徴であるEV(電気自動車)走行の進化が強烈なアピールとなる。まず、フル充電時からのEVの航続距離は、従来の26.4kmから「60km以上」(いずれも社内測定値)へと約2.3倍に延長した。また、EVで走ることのできる速度も、従来の100km/hまでから、135km/hまでへと大幅に引き上げられた。

さらに、EV走行のパワフルさも初代との大きな違いが伝わってくる。一般的にPHVではEV走行中にアクセルを急に踏み込むと、エンジンがかかってHVモードに切り替わる。だが、新型ではかなり速めにアクセルを踏んでもEV走行が保たれる。開発責任者である製品企画本部の豊島浩二チーフエンジニアは、初代モデルでは「EVの走りの味が薄く、(HVとPHVの)どっちつかずとの指摘があったことを反省した」と話す。

開発では、航続距離の延長には駆動用バッテリー(リチウムイオン)の容量を約2倍に引き上げるなどで対応。また、パワーの引き出しには、駆動用モーターに加え、充電用のモーター(発電機)も状況に応じて駆動用に使う「デュアルモータードライブシステム」を新採用したことで実現した。豊島氏は「EVの楽しさ、EVらしさをはっきりと実感いただける走りになった」と、強調している。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:8月27日(土)0時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]