ここから本文です

フェラーリの巻き返しには時間が必要とベッテル

TopNews 8月27日(土)5時58分配信

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、巻き返しには時間が必要だと話している。

F1の夏休み前に、フェラーリはチーム別のコンストラクターズ選手権でレッドブルに抜かれて3番手に後退。また、技術トップのジェームズ・アリソンがチームを離脱した。

フェラーリのキミ・ライコネンは、ベルギーGPを前に次のように話している。

「チームには優秀なスタッフが大勢いる」

「その点は問題ない。とにかく懸命に努力しなきゃいけない」

■新型エンジン投入はイタリアGP

夏休み明けのF1ベルギーGP(28日決勝)にフェラーリは最後の3トークンを使用して改良した新型エンジンを持ち込んだ。

しかし、実際に使用するのは次のイタリアGP(9月3日決勝)からだと『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』が伝えている。

■「長い時間がかかるものもある」とベッテル

ベッテルは、巻き返しには時間が必要だと説明している。

「F1では、あっという間に変わることもあれば、もっと長い時間がかかることもある」

「休みは4週間あったけれど、実際にはホッケンハイム(第12戦ドイツGP)に反応するのに1週間半しかなかった」

「学んだことを元に、ここでは少し変更する。でも、もっと目に見えるようになるのは、それ以降のレースだろう」

最終更新:8月27日(土)5時58分

TopNews