ここから本文です

高畑淳子謝罪で「親の責任論」再注目 みのもんたと比較「誠実」か「筋違い」か

J-CASTニュース 8月27日(土)19時11分配信

 俳優の高畑裕太容疑者が逮捕され、母で女優の高畑淳子さんは2016年8月26日朝、記者会見で謝罪した。時折、目に涙を浮かべながら、報道陣の質問に丁寧に答えていた。

 会見の模様は、民放テレビ各局の情報番組で生中継されたが、評価は分かれた。「親として誠実」「愛情深い素敵なお母さん」と理解を示す声が寄せられた一方、被害者の心情に配慮が足りないとの批判や、親が成人した息子の罪を謝罪せねばならないのか疑問を抱く人もいる。

■「素晴らしい女優さん」「被害者が見たら不愉快な会見」

 教育評論家の尾木直樹氏は8月26日、高畑さんの謝罪会見についてブログで、

  「あんなに心からの 演出も何もない誠実な謝罪会見 見たことがありません...本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さんそして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ...となかば感動すら覚えました...」

と「全面支持」の内容をつづった。

 女優の真矢ミキさんも情報番組「白熱ライブ ビビッド」(TBS系)の生放送で、「母として、女優として、加害者の親として、誠実に向かわれているのが分かった」と高畑さんの説明を評価した。

 だが、被害者の心情をおもんぱかるべきだとして物足りなさを指摘する人もいた。

 26日の情報番組「ひるおび!」(TBS系)に出演した世界被害者学会理事の諸澤英道氏は、

  「『息子が刑務所から戻ってくるまで一切仕事止めます』と思い詰めるほどだったら、会見を開く意味があった。息子に対するメッセージという意味はあったが、被害者や周辺の人が見たら非常に不愉快な記者会見だったと思う」

と残念がる。

 同日の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、ジャーナリストの江川紹子氏が「被害者の方からすると、こうやって大きく扱われたり、色んなイベントがあったりすること自体、実はつらいんじゃないかなって思います」と述べた。

 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、謝罪会見の開催自体を疑問視した。

  「なんでこの人達が謝罪しなくちゃいけないのかと思うものがありますが、結局これって日本の中に蔓延する『謝罪をしなくてはいけない空気』ってものに従った結果なのですよ。本来、愚行を犯した者が謝罪をすればいいし、迷惑をかけた人間にだけ謝罪をすればいい」

と8月27日付ブログに記した。

1/2ページ

最終更新:8月27日(土)19時14分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。