ここから本文です

<全国茶品評会>産地賞 静岡市3年連続 普通煎茶4キロの部

@S[アットエス] by 静岡新聞 8月27日(土)8時1分配信

 普通煎茶4キロの部で3年連続の産地賞になった静岡市。1等6人のうち5人を市内の生産者が占めた。

 市茶業振興協議会長を務める鈴木清貴JA静岡市代表理事常務は「上位独占で全国の生産者が本山茶産地に注目する。これは快挙だ」と破顔一笑する。

 市内生産者の農林水産大臣賞は実に25年ぶり。鈴木氏は「前年は産地賞は取ったが大臣賞がなく、産地を挙げてよりよい茶を作ろうと努力してきた」と生産者をたたえる。

 市も2015年のミラノ国際博覧会や、東京都内の百貨店のイベントなどの機会を利用し、本山茶の売り込みに力を入れる。

 田辺信宏市長は「今回の受賞を絶好の機会ととらえ、全国、世界に認められる茶どころになるよう一層の振興に努める」とコメントした。

静岡新聞社

最終更新:8月27日(土)8時11分

@S[アットエス] by 静岡新聞