ここから本文です

横峯さくら、宮里藍が9位Tの好位置に 日本勢は全員決勝ラウンド進出

ゴルフ情報ALBA.Net 8月27日(土)13時15分配信

<カナディアン・パシフィック女子オープン 2日目◇26日◇プリディス・グリーンズGC(6,681ヤード・パー72)>

国外女子ツアーのニュースをフォトギャラリーで

 米国女子ツアー「カナディアン・パシフィック女子オープン」の2日目。全選手が第1ラウンドと第2ラウンドを終え、宮里藍と横峯さくらが7アンダー・9位タイの好位置につけ、決勝ラウンドに駒を進めた。単独首位に12アンダーのアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)。

 暫定46位タイから出た横峯は、サスペンデッドのため消化できていなかった5ホールで1つスコアを伸ばすと、続く第2ランドの2番ホールから3連続バーディ。終始安定したゴルフを展開し、6バーディ・1ボギーで上位争いに食い込んだ。

 日本勢トップの16位タイから出た宮里藍は前半をイーブンパーで折り返す“粘り”のゴルフで辛抱強くチャンスを待つ。すると後半はバーディが先行、16番ホールから3連続バーディ締めで2日目を終えた。

 2位タイにトータル9アンダーでステファニー・メドウ(北アイルランド)とチョン・インジ(韓国)。

 その他日本勢は、3アンダー・36位タイに上原彩子、野村敏京、宮里美香の3人が入ったため、日本勢は全員が決勝ラウンドを迎えられることとなった。

【2日目の順位】

1位:アリヤ・ジュタヌガーン(-12)
2位T:ステファニー・メドウ(-9)
2位T:チョン・インジ(-9)
4位T:キム・セヨン(-8)
4位T:キム・ヒョージュ(-8)
4位T:シエラ・チョイ(-8)
4位T:M.J.ハー(-8)
4位T:リディア・コ(-8)
9位T:横峯さくら:(-7)
9位T:宮里藍(-7)他

36位T:野村敏京(-1)
36位T:上原彩子(-1)
36位T:宮里美香(-1)他
(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月27日(土)13時16分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]