ここから本文です

武豊騎手とM.デムーロ騎手が40ポイントで並んで首位/WASJ

netkeiba.com 8/27(土) 16:12配信

 27日、札幌競馬場で「2016ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」が開幕し、初日の2レースが行われた。

 札幌9Rで行われた第1戦(3歳上・500万・芝2600m)は、岩田康誠騎手(栗東)騎乗の1番人気タケルラムセス(牡4、美浦・田村康仁厩舎)が2馬身差で快勝。2着は武豊騎手(栗東)騎乗の10番人気アグリッパーバイオ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)、3着はクリストフ・ルメール騎手(栗東)騎乗の6番人気ララエクラテール(牡4、栗東・今野貞一厩舎)だった。

 札幌11Rで行われた第2戦(3歳上・1600万・芝2000m)は、ミルコ・デムーロ騎手(栗東)騎乗の11番人気フェスティヴイェル(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)が2番手追走から抜け出し優勝。2着は武豊騎手(栗東)騎乗の6番人気ウインフェニックス(牡5、美浦・奥平雅士厩舎)、3着は蛯名正義騎手(美浦)騎乗の4番人気パリカラノテガミ(牡5、美浦・清水英克厩舎)だった。

 第2戦終了時点では、2戦ともに2着の武豊騎手(栗東)と、第1戦5着、第2戦1着のミルコ・デムーロ騎手(栗東)が40ポイントで並んで首位となった。

 また、出場騎手を「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)」と「JRA代表騎手チーム(JRA選抜)」に分けて行われるチーム対抗戦は、WAS選抜チームが78ポイント、JRA選抜チームが146ポイントとなっている。

※V.エスピノーザ騎手が来日中止となったため、岩田康誠騎手がWAS選抜チームで出場している。

【第2戦終了時点の順位】

1位 武豊(栗東) 40
1位 ミルコ・デムーロ(栗東) 40
3位 岩田康誠(栗東) 31
4位 蛯名正義(美浦) 16
4位 クリストフ・ルメール(栗東) 16
4位 ジョアン・モレイラ(香港) 16
7位 内田博幸(美浦) 14
8位 川田将雅(栗東) 13
9位 エマジェーン・ウィルソン(加) 10
10位 クレイグ・ウィリアムズ(豪) 9
11位 戸崎圭太(美浦) 7
11位 永森大智(高知) 7
13位 ジェイムズ・スペンサー(英) 3
14位 クリスチャン・デムーロ(仏) 2

※ポイントは各レースとも、1着30点、2着20点、3着15点、4着12点、5着10点、6着8点、7着6点、8着4点、9着2点、10~14着1点

※結果は主催者発表のものと照合してください。

最終更新:8/27(土) 16:15

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ