ここから本文です

<ラブリ>オールブラックコーデにビビットな青パンプスでアクセント

毎日キレイ 8/27(土) 21:25配信

 モデルでタレントのラブリさんが27日、東京都内で自身初の写真詩集「愛は愛に愛で愛を」(宝島社)の発売記念イベントに登場した。ラブリさんは、キュートなお団子ヘアに、フリルやレースの付いた黒のシースルーブラウスと黒パンツのオールブラックコーディネートで、黒に映えるゴールドのアクセサリーを合わせていた。「黒が好きなので、全身黒でまとめました。でもそれだけではつまらないので、(トップスは)ちょっと変わった形のデザイン、靴はビビッドな青にしました」とファッションのポイントを説明した。

【写真特集】ラブリがセクシーな黒のシースルー衣装で登場

 「愛は愛に愛で愛を」は、ラブリさんが昨年書きためた詩と、カメラマンの東海林広太さんの撮り下ろし写真を組み合わせた書籍。5章立てで、それぞれ「私」「心の奥のほう」「食べる」「寂(さみ)しい嘘(うそ)」「信じて、愛して、守って」というタイトルが付けられ、各章には、独白形式のインタビューと、ラブリさんによる詩の解説が掲載されている。B5変形判、127ページで1400円(税抜き)。

 お気に入りの写真について聞かれると、ラブリさんは「親友が私にくれた言葉を詩にしました。親友にプレゼントする気持ちで、唯一笑っている写真です」といい、このページ以外は「なるべく自然な写真にしたかった。笑っていない(素の表情の)ありのままの自分です」と紹介した。初の写真詩集について「(周囲は)何も言ってくれない」と苦笑。弟でダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さんとは「おめでとうとか、あまりお互いに言わない」というが、「心の中では思っていますよ。家族ですからね。今はライブ中なので、次に会ったら(写真詩集を)渡したい」と話していた。

最終更新:8/27(土) 23:34

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]