ここから本文です

大仁田、宿敵チャボとタッグ結成で勝利!ファイヤープロレス旗揚げ戦満員札止め

デイリースポーツ 8月27日(土)6時1分配信

 「プロレス・ファイヤー」(26日、ディファ有明)

 大仁田厚が設立した新団体の旗揚げ戦が超満員札止めの観衆を集めて行われ、大仁田は白星で飾った。大仁田は、約30年前にトロフィーでの殴打で重傷を負わされるなど抗争を繰り広げた宿敵チャボ・ゲレロと呉越同舟タッグを結成。はぐれIGF軍を迎撃した。

 試合はリング内外で8人が入り乱れる大混戦に。そして、カシンが因縁のトロフィーを持ち出すと、昔の記憶がよみがえったのか、なんとチャボがそれを奪って大仁田を殴打。2人は空中分解するかに見えたが、最後はチャボが黒覆面を十八番の原爆固めで葬り、大仁田に勝利をプレゼントした。

 試合後、大仁田は「30年も経てば憎しみも全部消える。友情しか残らない、と2人で話しました」と、しみじみ語った。

最終更新:8月27日(土)9時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。