ここから本文です

【NFL】復活期すWRゴードン、RG3とのコンビでビッグプレイ連発

NFL JAPAN 8月27日(土)18時24分配信

 クリーブランド・ブラウンズは現地26日、プレシーズン第3週でタンパベイ・バッカニアーズと対戦。無期限出場停止処分が明け、今季中の復活を期すワイドレシーバー(WR)ジョシュ・ゴードンがビッグプレイを披露した。試合は13対30でブラウンズが敗戦。

 この試合がプレシーズン初出場だったゴードンは、最初のドライブでRG3ことロバート・グリフィンIIIからのロングパスを右サイドで44ヤードレシーブ。さらに第2Qにはまたもグリフィンとのホットラインがつながり、43ヤードのTDレシーブを決めてみせた。

 グリフィンはパス14回中8回成功、119ヤード、1TD。過去2試合はグリフィンと好連携を見せていたWRテレル・プライアーはレシーブ2回、15ヤードだった。

 バッカニアーズは昨年のドラフト全体1位指名QBジェイミス・ウィンストンがパス25回中16回成功、259ヤード、2TDと上々の内容。キッカー(K)としては異例のドラフト2巡指名を受けながら過去2戦はミスが目立ったロベルト・アグアヨは48ヤードのFGを決めるなど、3本のFGと3本のエクストラポイントキックを全て成功して汚名返上している。

<クリーブランド・ブラウンズ>

最終更新:8月27日(土)18時24分

NFL JAPAN