ここから本文です

台風10号 週明け29日から羽田・成田発着便に影響のおそれ

レスキューナウニュース 8月27日(土)19時30分配信

27日18時現在、非常に強い台風10号は南大東島の東南東約350kmを東北東に進んでおり、今後、東日本に接近するおそれがあります。このため、東京(羽田・成田)発着便では、29日午後から30日にかけて欠航や遅延、条件付運航(出発空港への引き返し、ほかの空港への着陸)などの影響が見込まれています。また、29日に東京(羽田)と八丈島を結ぶ便はすべて欠航が決まっています。航空各社では、利用者に最新の運航状況を確認するとともに、旅程の変更などを呼びかけています。

■無手数料変更(振替)および払戻対応
【ANA】
29・30日全便:八丈島発着便
29日午後~30日最終便:東京(羽田・成田)発着便
30日全便:函館、仙台、福島、新潟発着便
【JALグループ】
29日19時~30日最終便:東京(羽田・成田)発着便
30日全便:函館、青森、三沢、秋田、花巻、山形、仙台、新潟、小松、松本発着便
【スターフライヤー】
29日一部便・30日全便:東京(羽田)発着便
【ソラシドエア】
29日午後~30日最終便:東京(羽田)発着便

レスキューナウ

最終更新:8月27日(土)19時30分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。