ここから本文です

劇場版「ONE PIECE」尾田栄一郎描き下ろしカード配布、満島ひかりらのサイン入り

映画ナタリー 8月27日(土)10時0分配信

「ONE PIECE FILM GOLD」の公開劇場にて、9月3日より「豪華キャスト15名サイン入り 尾田栄一郎描き下ろしイラストカード」が配布される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、同作が動員334万人、興行収入44.6億円を突破するヒットを記録したことを記念して用意されたもの。原作者の尾田栄一郎が描き下ろしたA5版のイラストカードにはルフィ、ゾロ、ナミ、サンジ、サボらのほかに、劇場最新作のキャラクターであるギルド・テゾーロ、カリーナ、レイズ・マックスなどの姿が。裏面にはルフィ役の田中真弓をはじめとする麦わらの一味の声優陣と、ゲスト声優を務めた山路和弘、満島ひかり、濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也のサインが並ぶ。数量限定でなくなり次第終了となるので注意してほしい。

7月23日に封切られた「ONE PIECE FILM GOLD」は、世界政府すら手出しできない独立国家グラン・テゾーロを舞台に、ルフィたち麦わらの一味の新たな冒険を描いた劇場版アニメーション。尾田が総合プロデューサーを務めている。



(c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

最終更新:8月27日(土)10時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。