ここから本文です

関西アメフット昨年王者・立命大が快勝発進 西村54ヤードTD

デイリースポーツ 8月27日(土)6時1分配信

 「関西学生アメフット、立命館49-3甲南大」(26日、万博フィールド)

 関西学生リーグが開幕し、昨年王者の立命大は、今季から1部に昇格した甲南大に49-3で圧勝した。昨季年間MVPと甲子園ボウルMVPを獲得したRB西村七斗(3年)が、攻撃1プレー目で54ヤードTDを決めるなど、力の差を見せつけた。

 2連覇を目指す立命大が、幸先良く駆けだした。昨季関西リーグトップの900ヤードを走った西村が、最初の攻撃で54ヤードTD。「シーズン1発目だったんで、気合を入れて走った」。第2Qにも11ヤードTDを奪うなど、その力は健在だった。

 今季の船出をエースに託した米倉輝監督は「一番堅いプレーをしようと話していた」と説明。「西村があれくらいやるのは当たり前」と大きな信頼を口にした。

 体重は1キロ増ながら、40ヤード走(約37メートル)のタイムは0・13秒速くなり、当たり負けもしなくなった。相手から警戒されていることもかなり感じたはずだが、意に介さず。関西随一のランナーが、今季も立命大をけん引する。

最終更新:8月27日(土)9時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。