ここから本文です

「拓磨に注目しろとブッフヴァルトから言われていた」シュトゥットガルトSD、浅野を歓迎

ISM 8月27日(土)10時52分配信

 現地時間26日に日本代表FW浅野拓磨(21)をアーセナル(イングランド)から期限付き移籍で獲得したシュトゥットガルト(ドイツ2部)。ヤン・シンデルマイザーSDはクラブ公式HPで同選手の得点力などを高く評価し、細貝萌とのコンビネーションにも期待を寄せた。

 シンデルマイザーSDは浅野について「我々の前線を完璧に補強してくれる。両足が使え、敏捷性に優れ、ゴール前で大変な脅威となる選手だ。細貝萌とのコンビネーションで、勝利に大きく貢献してくれるだろう」「ギド・ブッフヴァルトから拓磨に注目しろと言われており、我々はずっと彼をリストに載せていた」と経緯も明かした。

 かつて浦和の指揮官を務めたブッフヴァルト氏は、2015年から同クラブのスカウトを担当している。

最終更新:8月27日(土)14時32分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。