ここから本文です

男子ツアー初!ニアピンコンテストで熊本支援

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/27(土) 19:25配信

今年4月に発生した熊本地震以降、男子ツアーでは最初の九州開催となった「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」。3日目のラウンド終了後に、大会主催者の意向により熊本復興を目的としたニアピンコンテストが行われた。男子ツアーでは過去にドラコンコンテストの実施例はあったが、ニアピンは初の試みとなる。

灼熱の福岡!「RIZAP KBCオーガスタ」フォトギャラリー

参加したのは石川遼、谷原秀人、手嶋多一、永野竜太郎、宮里優作、宮本勝昌の6選手。18番ホール、ピンまで63yd地点のフェアウェイから1球勝負でショットを打ち、もっともピンに寄せた選手が賞金50万を手にする。

18番グリーンの周囲には大勢のギャラリーが残り、マイクパフォーマンスを交えたお祭りムードの中で約30分間のコンテストは終了。3m57cmを記録した宮本が優勝した。獲得した賞金の一部は被災地支援のために寄付される。

大きな被害を受けた熊本県益城町出身の永野は、「良い試みだと思う。熊本への支援もそうですが、ゴルフ界にとっても良いことだと思いました」と話し、初の取り組みを歓迎した。(福岡県糸島市/塚田達也)

最終更新:8/27(土) 19:25

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)