ここから本文です

弘前に移動式カフェ「のみものや わんど」 3輪自転車を改造 /青森

みんなの経済新聞ネットワーク 8月27日(土)23時5分配信

 弘前市内に移動式カフェ「のみものや わんど」がオープンして2カ月がたった。(弘前経済新聞)

「のみものや わんど」のハンドドリップコーヒー

 3輪タイプの自転車を改造し、コーヒーをメインに提供をする同カフェ。店名の「わんど」は「私たち」を意味する津軽言葉。

 店長の坂爪梓さんによると、10年以上働いていた医療機関を退職し、ドリンク専門店の開業を考えたが、店舗を持つことは当初から考えていなかったという。友人らを家でもてなす際、ハンドドリップでコーヒーを入れていたという坂爪さんは「鎌倉に移動式ケーキ店があることを知り、移動式のカフェを始めようと思った」と振り返る。

 開業は新月の日と決め、6月5日に設定した。「ちょうどその日から毎週日曜朝に開かれる『かみどて朝市』の出店者募集のチラシを見て『これだ』とひらめいた」と坂爪さん。同市内に住む祖母にははじめ反対されたが、今では一緒にコーヒーを提供することもあり、学生がボランティアで手伝ってくれることもあるという。「店名どおり『わんど』の店になっている」と話す。

 「夫や周囲の人たちに支えられ、描いていた働き方と生き方を実践できるようになった。実践できたからには長く続けていきたい」と意欲を見せる。「街中で声を掛けられ、その場でコーヒーが提供できるような街にしたい弘前の風景に溶け込み、自然に人が集まるようなお店にしたい」とも。

 メニューは、オーガニックコーヒー(300円)、カフェラテ(350円)、ソイチャイ(350円)。アイスの場合はプラス50円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月27日(土)23時5分

みんなの経済新聞ネットワーク