ここから本文です

一日天下の日本ハム 大谷がいないと…

東スポWeb 8月27日(土)16時43分配信

 日本ハムが“一日天下”に終わった。26日の西武戦(大宮)は先発・有原がまさかの乱調で1―7の敗戦。勝率でソフトバンクを下回り、再び「マイナス0.5ゲーム差」の2位となった。心配なのが大谷翔平投手(22)の状態だ。この日は試合直前に体調不良を訴え、急きょ出場を取りやめるアクシデントが発生。試合前にチーム宿舎に帰り、病院へ向かわせた。

 試合後、栗山監督は大谷の状態について「昨日からのどがおかしかったようで、風邪っぽいみたい」と説明。本人は出場するつもりでいたそうだが「(打撃)練習見ていたけど、(強く)打とうとしていなかった。選手というのは『この一瞬に』と思うから(出たがる)。止めるのがこっちの仕事だから。大事を取ってというか、俺が判断した」と明かした。

 今後については、翌日の状態を見てから決めるそうだが、今は1試合でペナントレースの行方が左右されかねない緊迫した状況。回復に時間がかかるとなれば大きな痛手だ。この日は5回までたったの1安打と、大谷が抜けた穴の大きさがモロに出た敗戦だった。

 日本ハムのチーム浮沈のカギは、大谷が握っているといっても過言ではない。果たして栗山監督はどういう判断を下すのか。

最終更新:8月27日(土)16時43分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]