ここから本文です

今季未だ日本勢の4日間大会勝利無し…鈴木愛らは連敗を止められるか

ゴルフ情報ALBA.Net 8月27日(土)19時48分配信

<ニトリレディス 3日目◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

優勝に期待!鈴木愛フォトギャラリー

 真の実力者しか勝つことができないと言われている4日間大会。昨年、成田美寿々が「サントリーレディス」を勝って以降、日本勢の優勝者は出ていない。
 

 そんな中、トップから出た鈴木愛は、前半3連続ボギーを叩いたが、気持ちを切り替えて6番、8番とバーディを奪うと、折り返しての13番パー5で3打目を手前の花道から1mにつけてバーディ。イーブンパーとスコアを伸ばせなかったが、イ・ボミ(韓国)と並ぶトータル7アンダーの首位タイで最終日を迎えた。

 ラウンド後、「今回は負けたくないという思いが強い」と語気を強めた鈴木。「明日は人のプレーを見ずに自分のプレーに集中してやりたい。最善を尽くします」。今季2勝目へ、そして妥当ボミに向けて気合いは高まるばかりだ。

 続く3位タイには全美貞とキム・ハヌルの韓国勢。その2人に続く首位と3打差の5位タイには藤田さいき、笠りつ子がつけている。藤田は「調子はそこまで良くないですが、耐えられたと思います」とスコアを2つ伸ばして上位に進出した。

 もう1人の5位タイ・笠は「ボギーも結構打ったけどバーディの数が多かった。明日も楽しみ」と難コース・小樽カントリー倶楽部で3日間アンダーパーと抜群の安定感を誇っている。「ここは人を見るよりもコースとの戦い。それに勝てれば、という思いでいきます」と自分のプレーに集中して最終日を戦っていく。

 過去年間を通じて日本勢が4日間大会未勝利という年はない。最少は2012年で、「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を有村智恵が勝った1人。ただし、この年は4日間大会自体が5試合しかなかった。今年は今大会がちょうど5試合目。そろそろ日本勢も巻き返していきたいところだ。

【3日目の順位】
1位T:イ・ボミ(-7)
1位T:鈴木愛(-7)
3位T:全美貞(-5)
3位T:キム・ハヌル(-5)
5位T:笠りつ子(-4)
5位T:藤田さいき(-4)

【昨シーズンからの4日間大会優勝者】
・2015年度
ヤマハレディースオープン葛城(渡邉彩香)
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(チョン・インジ)
サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(成田美寿々)
アース・モンダミンカップ(イ・ボミ)
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(テレサ・ルー)
日本女子オープンゴルフ選手権競技(チョン・インジ)
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(李知姫)
大王製紙エリエールレディスオープン(イ・ボミ)
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(申ジエ)

・2016年度
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(テレサ・ルー)
ヤマハレディースオープン葛城(李知姫)
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(李知姫)
サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(姜秀衍)
アース・モンダミンカップ(イ・ボミ)
ニトリレディス(???)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月27日(土)19時48分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]