ここから本文です

(いちからわかる!)なじみのない競技も五輪に立候補したんだね

朝日新聞デジタル 8月27日(土)16時0分配信 (有料記事)

 ■チェスやペタンク、綱引(つなひ)きなど26団体が名乗り出ていた

 アウルさん 東京五輪(とうきょうごりん)の追加5競技が選考されるまでの経緯(けいい)はどうだったの?
 A 東京五輪の大会組織委員会の募集(ぼしゅう)に26の競技団体が名乗り出た。五輪ではなじみのないチェス、トランプゲームのブリッジ、ペタンク、綱引(つなひ)きなどもあった。それらから最終的に野球・ソフトボールなどの五つを選んだんだ。
 ア スポーツらしくないものも立候補したんだね。
 A そうだね。でも、例えばチェスはアジア大会で採用された歴史があるんだ。……本文:1,730文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月27日(土)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。