ここから本文です

「仮面ライダーゴースト」西銘駿、仲間からのサプライズに感激

シネマトゥデイ 8月27日(土)18時38分配信

 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』の大ヒット御礼舞台あいさつが27日、新宿バルト9で行われ、キャストの西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗が登壇。ついに先日、テレビ版もクランクアップを迎え、主人公・天空寺タケル役の西銘は「18年間生きてきて、一番濃くて大事な1年になりました。(クランクアップ時は)自然に涙が出てきてしまって」とキャストと共に男泣きしたことを告白した。

【写真】レギュラーキャストが勢ぞろい

 「テレビ版、劇場版を終え、今、タケルにどんな言葉をかけたい?」と問われた西銘は「『成長したね』と言いたいです。第1話ではあんなに未熟で、みんなに迷惑をかけていたタケルが、仲間の思いを感じ自分で行動できるようになった。僕も演じながらタケルと一緒に成長できて、タケルに感謝しています」としみじみ。

 また「劇場版でお気に入りのシーンは?」との質問に、柳が「タケルとアカリ(大沢)が指切りするシーンが良かったよね」と答えると、西銘は「あんまり女の子と指切りしたことがなくて、すごく緊張してしまって」と告白し、「あのシーンであれだけ緊張するんだから、恋愛ドラマなんてすごく難しいんだろうな。壁ドンなんて、キュンキュンしちゃって絶対できない」とコメントすると、会場からは悲鳴に似た反応も。

 イベント最後には、大沢、山本、柳、磯村がサプライズで、西銘にねぎらいの言葉を手紙にして読み上げた。「人懐っこくて、根っからの愛されキャラが駿の魅力」(柳)、「1年間、笑顔でい続けられたのは本当にすごい」(山本)、「僕の家で納豆パスタを食べるほどの仲になれたね」(磯村)、「顔つきがどんどん役者さんの顔になっていった」(大沢)など、愛に溢れた言葉をもらった西銘は「(手紙を)財布に入れます。家で号泣します」と感激しきりだった。(取材/岸田智)

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』は全国公開中 『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』と同時上映

最終更新:8月27日(土)18時46分

シネマトゥデイ