ここから本文です

バルサSD、FWアルカセル獲得の意思を表明

ISM 8月27日(土)14時19分配信

 現地時間26日、バルセロナのロベルト・フェルナンデスSDが、同じスペインのバレンシアからFWパコ・アルカセル(22)を獲得することで動いていると明かした。

 “MSN”こと、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの強力スリートップを擁するバルサは、その控えとなる選手を探している。しかし、主力級の選手が最初からベンチ要員と分かっていて来るはずもなく、“第4のFW”獲得は難航していると報じられていた。

 こうしたなか、フェルナンデスSDはリーガ連覇に向けアルカセルの獲得を望んでいるとコメント。MSNのバックアッパーとして願う選手は、「アルカセル以外、ほかにいない」と語っている。

 バレンシアでの3シーズンでリーグ戦30ゴールを挙げているアルカセル。スペイン代表の次世代を担う選手として将来を嘱望されている。(STATS-AP)

最終更新:8月27日(土)14時19分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。