ここから本文です

<ラブリ>結婚願望あり…でも「もう少し恋愛したい」 初の写真詩集発売

まんたんウェブ 8月27日(土)20時36分配信

 モデルでタレントのラブリさんが27日、東京都内で、初めての写真詩集「愛は愛に愛で愛を」(宝島社)の発売記念イベントを開催した。ラブリさんは「今まで趣味で書きためていた言葉なんですけれど、ファンの子たちが望んでくれて、詩集をプレゼントできたような形になって、すごくうれしいです」と笑顔で語った。「本の中は私の存在そのものでしかない。偽りの言葉が一つもない」と作品への思いを明かした。作品中では結婚願望についても触れているが、報道陣からの質問には「あるんですけれど、でもまだ先ですね。まだ恋愛したいです」と苦笑した。

【写真特集】ラブリがセクシーなシースルー衣装で登場

 ラブリさんは、詩について「日常生活を過ごしている中で、恋の悩みとか、友達の恋愛話とかで浮かび上がってくるので、それをメモしている」といい、「日記には書いていたんですけれど、(作品として)目にすることはできなかった。写真ともマッチしていてうれしいですね」と語った。作品中には「彼」という言葉がたくさん登場しているが、「『彼』というのは現在の恋人?」という質問には、「よく分からない。恋愛はすごく大事。今までの恋愛感情を形に残したので、『私』(という登場人物)だけでは(表現が)難しい」と言葉を濁した。結婚に関しては「結婚したら感情も変わって言葉も変わってくるんだなと思いますけれど、まだ恋愛で言葉を出し切っていない、恋愛で言葉を出していきたい」とコメントした。

 「愛は愛に愛で愛を」は、ラブリさんが昨年書きためた詩と、カメラマンの東海林広太さんの撮り下ろし写真を組み合わせた書籍。5章立てで、それぞれ「私」「心の奥のほう」「食べる」「寂(さみ)しい嘘(うそ)」「信じて、愛して、守って」というタイトルがつけられ、各章には、独白形式のインタビューと、ラブリさんによる詩の解説が掲載されている。ラブリさんは「女の子に見てほしい。恋愛の解決策が見つかってこない女の子のヒントになるような、背中を押せるような本になっています」とアピールする一方で、「逆に言うと、女の子の気持ちを分からない男の人にも見てほしい。鈍感じゃないですか男の人って! こういうふうに彼女や奥さんは思っているのかなって、ヒントにしてほしい」と語っていた。B5変形判、127ページで1400円(税抜き)。

最終更新:8月27日(土)23時29分

まんたんウェブ