ここから本文です

2打差・2位Tから逆転狙う小田龍一「やることは一つです」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月27日(土)20時1分配信

<RIZAP KBCオーガスタ 3日目◇27日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

国内ツアー初の試み!石川遼も参戦したニアピンコンテスト

 国内男子ツアー『RIZAP KBCオーガスタ』3日目、石川遼、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)と最終組で回った小田龍一は4バーディ・3ボギー“71”でラウンドし、トータル10アンダーで2位タイをキープ。石川との差はスタート前から1ストローク広がったものの逆転への意気込みを語った。
 

 「厳しいコンディションだった」と強風の影響を語った小田。2番でボギー先行としながらも、4番、5番の連続バーディで再浮上し、その後もボギーのあとにしっかりとバーディを取り返し、アンダーパーフィニッシュで優勝争いに残った。

 怪我からの復帰戦となる石川とは久々のラウンドだったが「アゲインストの風のなか、低弾道のいい球を打ったり、全然腰の痛みの影響は感じなかった。調子が良くなっていくんじゃないですかね」とライバルのプレーに拍手。自身ももう少し伸ばしたかったというが「落とさなかっただけ十分じゃないですか」と及第点をつけた。

 天候が荒れることが予想されるなかで、2打差をひっくり返す必要がある最終日は「明日はもっと大変でしょうけど…やることは一つです」とツアー3勝目を目指して戦う。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月27日(土)20時1分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。