ここから本文です

同組だったキム・ハヌルとイ・ボミが話していた内容は?

ゴルフ情報ALBA.Net 8月27日(土)20時20分配信

<ニトリレディス 3日目◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

“スマイルクイーン”の魅力たくさん!キム・ハヌルフォトギャラリー

 「ほけんの窓口レディス」以来となる賞金ランキング1位と2位の競演。2人ともスコアを伸ばし、イ・ボミ(韓国)は首位に、キム・ハヌル(韓国)は3位にそれぞれ浮上した。
 

 ボミにしぶとく食らいついたハヌルは「しんどかったです…中々パターが入らなくて大変でした」と今日のラウンドを振り返る。それでも5バーディを奪い、2ボギーにまとめたのは賞金ランク2位の面目躍如というところだ。

 ラウンド中、ボミと母国語で仲良く話す姿が見受けられた。気になる内容を聞いてみると「このコース難しいよね。早く終わるといいね」というもの。ベスト3の2人がそんな会話をしているくらいだから、小樽カントリー倶楽部の難しさが良く分かる。

 「最終日はパット勝負になると思います。早く2勝目が欲しいです」とハヌル。明日は最終組の1つ前から頂点を狙っていく。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月27日(土)20時20分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]