ここから本文です

【予選速報】ロズベルグ余裕のポール、マクラーレン・ホンダはバトンが9番手/F1ベルギーGP

TopNews 8月28日(日)0時15分配信

2016年F1第13戦ベルギーGPが8月27日(土)、スパ・フランコルシャン・サーキット(全長7.004km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた予選でニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)がポールポジションを獲得した。

●【動画】F1ベルギーGP予選ハイライト映像 アロンソはQ1直後にストップ

午前に行われたFP3(フリー走行3回目)でエステバン・グティエレス(ハース)は、後ろから来たパスカル・ウェーレイン(マノー)の進路を妨害したとして日曜日の決勝で5グリッド降格、さらに3点のペナルティ・ポイントが課せられている。

日本時間の21時、18分のQ1が始まった。開始時のコンディションはドライ。気温31℃、路面温度41℃。スパにしては珍しい好天に恵まれ、どこの観客エリアも人・人・人。

最初にベンチマークとなるタイムを出したのは、ロズベルグ。ほとんどのドライバーがスーパーソフトを履くなか、ひとりだけソフトタイヤで1分48秒019を叩きだした。

パワーユニット交換で決勝は最後列からのスタートが決まっているルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)は、4周を流しただけでピットイン、早々にマシンを降りた。

開始12分、アタックに入ったばかりのフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がオールージュを上がったところでスロウダウン。何らかのトラブルか。金曜のパワーユニット交換でアロンソは、すでに最後列スタートが決まっている。

残り2分、11番手以降のドライバーたちは、ハミルトンとアロンソを除き全員がラスト1周のアタックを行なう。Q1終了。各車が続々とチェッカーを受ける。17番手フェリペ・ナッセ(ザウバー)、18番手エステバン・オコン(マノー)、19番手ダニール・クビアト(トロロッソ)、20番手マーカス・エリクソン(ザウバー)、加えてハミルトンとアロンソの計6人がQ1落ちを喫した。

予選トップ10を決めるQ2は、15分の争い。ハース、ルノーはそれぞれ、2台ともQ1を突破している。

セッションは5分が経過。ロズベルグはQ1と同じくソフトでアタックへ。フェラーリの2台、ダニエル・リカルド(レッドブル)もこれに倣う。

ロズベルグ、1分46秒999でまずはトップタイム。ソフト組のキミ・ライコネン、1分47秒664で5番手。セバスチャン・ベッテル、1分47秒944で6番手。リカルドは1分48秒027で8番手。

残り3分、上位4人のロズベルグ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、それに、この時点で9番手のリカルドを除く11人が2回目のフライングラップへ。リカルドは、よほど決勝のペースに自信があるらしい。

チェッカーが出る。フェラーリ勢は念のためスーパーソフトに履き替えたが、タイム更新なく5番手(ライコネン)と8番手(ベッテル)をキープ。ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)が10番手に食い込む。11番手ロマン・グロージャン(ハース)、12番手ケビン・マグヌッセン(ルノー)、13番手グティエレス、14番手ジョリオン・パーマー(ルノー)、15番手カルロス・サインツ(トロロッソ)、16番手ウェーレインがQ2落ち。

ポールポジションを決するQ3。ここでロズベルグはスーパーソフトに換装。アタック中のライコネン、大きくコースを外れてグラベルへ。すぐさまピットに戻る。この時点で路面温度は42℃だ。

フェルスタッペン、1分46秒893でトップ。ロズベルグが1分46秒744でこれを上回る。

2回目のアタック、リカルドが1分47秒216で3番手。フェルスタッペン、1分46秒893でロズベルグに一歩とどかず。ライコネン、1回のみのフライングラップで1分46秒910、リカルドを上回って3番手。ベッテル4番手。リカルドは5番手に留まる。6番手ペレス。7番手ヒュルケンベルグ。8番手ボッタス。9番手バトン。10番手にマッサ。

完ぺきな流れでポールをたぐり寄せたロズベルグ。キャリア初の最前列スタートをゲットしたフェルスタッペン。決勝は、日本時間の28日(日)21時に始まる。

最終更新:8月28日(日)7時37分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。