ここから本文です

え!?チーズとよく合う日本酒「MatCheese」これが意外にイケるんです

ZUU online 8月27日(土)19時10分配信

■同じ発酵食品同士で、実は好相性な日本酒とチーズ

日本酒とチーズ。この一見ミスマッチな組み合わせを、幸せなマリアージュに変えた魔法の日本酒、それが「MatCheese」です。

そもそもチーズは乳酸菌による発酵食品で、日本酒も米を発酵させて造る発酵食品。同じ製法の食品なので相性は抜群なのです。しかし、その認知度は低いのが現状。

そこでこの相性の良さを多くの人たちに知ってもらいたいという熱い思いから、日本酒の呑み比べ店舗を展開する日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」と、南青山に店を構えるチーズ専門レストラン「DAIGOMI」がコラボ、徳島県の三芳菊酒造に、チーズにマッチする新しい日本酒の製造を依頼して「MatCheese」が誕生しました。

■ワイン酵母と米で造るこだわりの純米吟醸

三芳菊酒造は徳島県にある老舗酒蔵です。創業は明治22年、先祖は赤穂出身の武士で、今も酒を仕込むのは江戸時代から使われている武家屋敷。吉野川の上流に位置し、寒冷地特有の気候のため、酒造りに最適な条件が揃っているこの地で、「MatCheese」は1本1本手作りで丹精込めて造られています。

気になる味はというと、ひと口目は甘味が口に広がり、最後に酸味がきりりと引き締めてくれる印象的な味わい。日本酒造りに使われる酵母は、基本的に「清酒酵母」が多いのですが、「MatCheese」は「ワイン酵母」を使用しているため、ワインにも似た爽やかな酸味と、鼻孔をくすぐるお米の甘味が絶妙のバランスで飲み手の心をつかみます。

目にも鮮やかな黄色の地にチーズのイラストが描かれたラベルは、その意外性とお洒落なデザインから、日本酒というだけで敬遠しがちだった人にも大いにアピールしそうです。

■日本酒に合うチーズとそれを使ったおつまみとは?

さて、「MatCheese」とよく合うチーズですが、濃厚なミルクの甘みが楽しめるモッツァレラチーズや、舌にピリッとくる刺激と芳醇な味わいがクセになる青カビ系のブルーチーズなどが特におすすめとか。おつまみにするならカプレーゼやピンチョス、ゴルゴンゾーラのペンネなどが手軽に作れてよいですね。白ワインのように冷たく冷やして、ワイングラスやうすはりタンブラーなどで飲むと、繊細な味を楽しめます。

現在、「MatCheese」は、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」の各店舗でのみ提供されています。お店でも料理やおつまみを販売していますが、持ち込みも可能なので、「MatCheese」と相性のいいおつまみを持参して一杯飲むのも粋な楽しみ方かと。「KURAND SAKE MARKET」は新宿、渋谷、浅草、池袋などの都心部にあるので、都内にお勤めのかたなら仕事帰りや休日などにふらりと立ち寄ってみるのもよいでしょう。特別な大人の時間を彩る格別な味わいを心ゆくまでご堪能ください。

■お問い合わせ
KURAND SAKE MARKET
http://kurand.jp/sakemarket/

取材・文/花村扶美(提供:プレミアムジャパン)

最終更新:8月27日(土)19時10分

ZUU online