ここから本文です

ヤクルト山田 史上初2年連続トリプル3王手!2盗塁決め29盗塁に

デイリースポーツ 8月27日(土)6時2分配信

 「阪神3-5ヤクルト」(26日、甲子園球場)

 本領を発揮した。ヤクルト・山田哲人内野手が3安打2盗塁と躍動し、チームの3連勝に貢献した。

【写真】藤川球児も絶賛する山田の凄み 「失投を逃さない。そこに投げさせている」

 魅せたのは左背中痛から1軍復帰後、初の猛打賞をマークした打撃だけではない。快足をフル回転させ、四回と六回に鮮やかに二盗を成功させた。「貪欲に行くと決めていた。(六回の)2個目はいいスタートが切れた」と充実感を漂わせた。打率・332、33本塁打に加え、29盗塁として史上初の2年連続トリプルスリー達成に大前進した。

 シーズン前から今季の大目標は、40本塁打40盗塁でも三冠王でもなかった。師匠の杉村チーフ打撃コーチと話し合い、トリプルスリーにターゲットを定めた。同コーチは「明確な目標設定をした方がいい。トリプルスリーを目指そう、という話をしました」と説明する。

 実は、3部門の中で山田が最も自信があるのは走塁だという。周囲には「盗塁が一番得意。いつでも走れる」と話し、意欲を示してきた。その言葉通りに鮮やかに最後の関門といってもいい30盗塁にリーチをかけた。

 「なるべく早い段階で30個達成したい」と山田。若武者は猛スパートをかけて、快挙達成を確実なものにするつもりだ。

最終更新:8月27日(土)9時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]