ここから本文です

最寄りの図書館で受け取り、年内に開始 福島県立図書館

福島民報 8月27日(土)11時26分配信

 福島市の県立図書館は、同図書館で予約した図書を県内の最寄りの公共図書館で受け取れる「同図書館受け取り館指定サービス」を年内に開始する。
 26日に同図書館で開かれた県立図書館協議会の席上、報告した。同図書館の窓口またはインターネットで予約した図書はこれまで、直接取りに来る必要があった。サービスが始まれば、利用者が希望する市町村の公共図書館で図書を受け取ることができる。
 同図書館は来月中にも県内の公共図書館にサービスの概要を説明し、協力を求める。
 同図書館の利用実績では昨年度の中高生の利用者数が全体の1%にとどまっていることが分かった。同図書館では館内の見学ツアーや中高生向けの広報誌で周知を図るほか、中高生向けの資料の充実などに取り組む。
 また開館100年へ向けた「県民のくらし応援文庫」の創設準備も進んでいる。県民の安全・安心な暮らしにおける課題解決に役立つ図書を、企業や団体、個人から募る予定。

福島民報社

最終更新:8月27日(土)11時35分

福島民報