ここから本文です

楠細工や駿河指物 50点を展示・販売 熱海

@S[アットエス] by 静岡新聞 8月27日(土)8時43分配信

 熱海楠(くすのき)家具工芸組合員が手掛けた熱海楠細工をはじめ駿河指物など計50点を展示・販売する作品展が30日まで、熱海市田原本町のギャラリー藍花で開かれている。

 楠家具製作所(函南町)を営む鳥沢康正さん、安井豊さん、若手職人の小端吾郎さんが手作りの楠細工を多数並べ、たんすや食器などに加え、弁当箱や携帯スタンドなど斬新な日用品も発表した。来場者が手に取り、表面に漆を塗った楠の木目の美しさや香りなどを楽しんでいる。

 駿河指物のほか、下田脂松細工も展示。鳥沢さんは「弁当箱やコップなど新しい形の楠細工にも触れ、熱海の伝統工芸を身近に感じてほしい」と話す。

 会場はJR熱海駅前の平和通り商店街で、時間は午前10時~午後5時(最終日は4時)。問い合わせは安井さん<電090(9198)2043>へ。

静岡新聞社

最終更新:8月27日(土)8時43分

@S[アットエス] by 静岡新聞