ここから本文です

麻倉未稀の生「ヒーロー」にラグビー日本代表・田中史朗「鳥肌が立ちました」

東スポWeb 8月27日(土)18時0分配信

 俳優・山下真司(64)が27日、都内で行われた伝説の人気ドラマ「スクール・ウォーズ」のブルーレイボックス「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ Blu‐ray BOX」(9月7日発売)の発売記念イベントに登場。ラグビー日本代表SH・田中史朗(31=ハイランダーズ)とトークショーを行った。

「スクール・ウォーズ」は1984年10月から85年4月まで、TBS系で放送。校内暴力で荒れる高校に着任した教師が、多くの困難に立ち向かって荒廃した学校を救い、弱小チームだったラグビー部を全国大会優勝に導くという奇跡を成し遂げる物語だ。

 主演の熱血教師役を演じた山下に対し、田中選手はドラマのモデルとなった京都・伏見工高ラグビー部出身。ドラマが放送されていた85年1月生まれの田中選手は、もちろんリアルタイムでは見ていないが、再放送では見たという。印象に残っている場面は、まだ弱小チームだったころに0―109で大敗、試合後に山下が説教し生徒が「悔しいです!」と涙ながらに絶叫するシーンを挙げた。

 また、山下は昨年のW杯で日本が南アフリカに逆転勝利を挙げた試合を見たという。この試合には田中選手も出場していたが「なぜかオレの教え子が戦っているような感覚になった。涙で、目の前がティッシュの山になった」と明かした。

 イベントの最後には、ドラマの主題歌「ヒーロー」を歌手・麻倉未稀(56)が生で熱唱。当時と変わらないド迫力ボイスに、田中選手は「鳥肌が立ちました」と感動した様子だった。

最終更新:8月27日(土)19時55分

東スポWeb