ここから本文です

平嶋夏海 ヌードも辞さず「オファーがあれば受けてもいいのかなと」

東スポWeb 8月27日(土)18時42分配信

 元「AKB48」の平嶋夏海(24)が27日、都内でブルーレイ&DVD「桃夏」のリリースイベントを行った。

 新作は夏がくる前にサイパンで撮影した。先生に憧れる学生を演じた平嶋は「すごい天気がよくて、何の問題もない、こんなにスムーズな撮影は初めてでした。セーラー服がビショビショになりながら『雨宿りさせてください』と先生の家に行くシーンがおすすめです」とPRした。

「桃夏」というタイトル通り、ヒップにフューチャーしたカットが多いという。「ちょっと恥ずかしかったんですけど、『お尻いいよ』と褒められながら撮ったので、頑張りながら撮りました」と照れ笑いを浮かべた。

 9月24日公開される映画「メイクルーム2」では新人AV女優役で出演している。「最初はビックリしたんですけど、それはそれで面白いかなと思いました」。共演のAV女優は作品で脱いでいるシーンがあるが、平嶋にはない。ただ今後に関しては「ヌード? もしオファーがあれば受けてもいいのかなと思います」と脱ぐ覚悟を見せた。

最終更新:8月27日(土)18時42分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。