ここから本文です

エビ中、小林歌穂が軽度のバセドウ病と診断 柏木ひなたも体調不良で急きょ台湾ライブキャンセルに

ねとらぼ 8月27日(土)22時30分配信

 アイドルユニット“エビ中”こと「私立恵比寿中学」の小林歌穂さんが“軽度のバセドウ病”であると診断されました。8月27日、同ユニットの公式Twitterおよび公式サイトで発表しています。

【公式サイトに掲載されたお知らせ全文】

 小林さんは、28日に予定されている台湾での「NO FEAR FES」への参加は歌唱のみで行うとのこと。ファンからは、「どうか無理はさせないで下さい」「医師、スタッフの皆さんが大丈夫だと判断して、本人もステージに立つ決意をしてくれたことに感謝します でも、身体第一で、決して無理してしまわないようにお願いします」など、小林さんのことを心配するコメントが多数寄せられました。

 同じくエビ中の柏木ひなたさんですが、27日に行われた2ショット会のあいだに体調不良に陥り、「台湾へ移動する事が困難であると判断しましたので、明日の台湾NO FEAR FESの参加を見送らせて頂きます」とTwitterで告知されています。柏木さんに関する投稿に対しても、「ひなちゃんの体調が1番大切なので 適切な判断だと思います 一刻も早い回復を願ってます 無理だけはしないようにお願いします」「ひなちゃんの身体が最優先ですので、賢明なご判断ありがとうございます」とファンからの心優しいコメントが多数寄せられています。

 柏木さんは2015年12月に突発性難聴を発病し、一時的に活動を休止しました。なお柏木さんの台湾ライブキャンセルについては、27日22時時点ではまだ公式サイトに掲載されていません。

最終更新:8月29日(月)11時2分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。