ここから本文です

上白石萌音、歌手デビュー作でRADWIMPS「君の名は。」主題歌カバー

音楽ナタリー 8月27日(土)16時4分配信

女優の上白石萌音が10月5日にリリースするデビューミニアルバム「chouchou」(シュシュ)の収録内容が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

上白石のアーティストデビュー作「chouchou」は、古今東西の名作映画の主題歌や挿入曲を歌ったカバー集。英語詞をアカペラで歌う「レ・ミゼラブル」劇中歌「On My Own」や、ピアノ弾き語りによる奥華子の「時をかける少女」挿入歌「変わらないもの」などに加え、上白石がヒロイン宮水三葉の声を務める昨日8月26日公開のアニメ映画「君の名は。」から、RADWIMPSによる主題歌の1つ「なんでもないや」のカバーも収録される。

上白石萌音「chouchou」収録曲
・366日(映画「赤い糸」主題歌 / オリジナル:HY)・なんでもないや(movie ver.)(映画「君の名は。」主題歌 / オリジナル:RADWIMPS)・Woman "Wの悲劇“より(映画「Wの悲劇」主題歌 / オリジナル:薬師丸ひろ子)・On My Own (映画「レ・ミゼラブル」劇中歌 / オリジナル:サマンサ・バークス)・変わらないもの(劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌 / オリジナル:奥華子) ・SMILE(映画「Modern Times」挿入歌)

最終更新:8月27日(土)16時4分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。