ここから本文です

広島・菊池涼介 大逆転劇を生んだヘッドスライディング

デイリースポーツ 8月27日(土)14時0分配信

 大逆転劇を生むヘッドスライディングだった。広島・菊池涼介内野手(26)は25日の巨人戦(東京ドーム)で値千金の同点打を放った。1点を追う九回2死三塁、菊池の三塁線への打球は村田に好捕されたが、一塁にヘッドスライディングして内野安打。土壇場で同点に追いついた。

 球場全体の雰囲気がガラリと変わった。センター後方のカメラ席で撮影した私は、今夏の全国高校野球選手権大会の取材から間がなかっただけに、まだ甲子園球場にいるような錯覚を覚えた。これで勢い付いた広島は、一時4点差をつけられた試合をひっくり返し、両リーグトップの38度目の逆転勝ちにつなげた。

 写真で分かるように、三塁手から送球されたボールは写真の画角の中に入っていない。つまり、余裕でセーフだったのだ。敢えてヘッドスライディングをすることによって、ナインを鼓舞し、押せ押せムードに拍車をかけた。

 もちろん、お膳立てをした先頭打者の松山の中前打、西川の犠打と田中の進塁打、さらに勝ち越しの右越え適時三塁打を放った丸も立役者だが、菊池のヘッドスライディングが、ドラマチックな大逆転の起爆剤となったように感じる。(写真と文=デイリースポーツ・開出牧)

最終更新:8月27日(土)14時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。