ここから本文です

実家がエロ本屋の女子描く新連載などキューンで4本開始、1周年フェアも

コミックナタリー 8月27日(土)21時2分配信

本日8月27日に発売された月刊コミックキューン10月号(KADOKAWA)にて、一挙に4本の新連載が開始した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

むく「今日も女の子を攻略した。」は、女の子なのに凛々しくて同姓をメロメロにしてしまう女学生・黛風澄のイケメン美少女ストーリー。吉村佳「寮長は料理上手」は料理好きと温泉好きの女子高生をメインに展開する寮物語、右左もりもり「放課後の本屋さん」は家がエロ本屋をやっている女子小学生のコメディになっている。奥たまむし「明るい記憶喪失」は読み切りの連載化で、3年分の記憶がない女子が恋人との暮らしにドキドキする様子を描く。

なお2015年8月に創刊した月刊コミックキューンは、今号にて1周年を迎えた。これを記念して一部書店では「ひなこのーと」「となりの吸血鬼さん」「にゃんこデイズ」「わたしのご主人様は人間じゃない気がする」「俺んちのメイドさん」「わたしの友達が世界一かわいい」「どくろさんが見ている」「ぺたがーる」の1巻を対象に、1冊購入するごとに描き下ろしのイラストカードを配布するフェアを展開中。またTwitterを使用したサイン本プレゼントなども開催されている。キャンペーンの応募方法など概要は、公式サイトで確認を。

最終更新:8月27日(土)21時2分

コミックナタリー