ここから本文です

ななめ45°が歌ネタでホリプロ芸人32組の頂点に!社長も祝福「納得の優勝」

お笑いナタリー 8月27日(土)21時35分配信

ななめ45°が本日8月27日、東京・尚美ミュージックカレッジ専門学校 バリオホールにて開催された「ホリプロ2016ガチバトル!」で優勝し、賞金30万円を獲得した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ホリプロ2016ガチバトル!」はホリプロコムに所属する芸人32組によるトーナメント形式の勝ち抜きネタバトル。審査員はスピードワゴン小沢、岩井志麻子、尾島知佳、ホリプロの堀義貴社長、放送作家の元祖爆笑王の5名が務めた。予選では芸人たちが4グループにわかれて3分ネタで勝負。観客投票と審査員票を合計した結果、ななめ45°、オキシジェン、メルヘン須長、ホタテーズが決勝に進出した。

決勝戦のトップバッター・ホタテーズは切れ味鋭いフレーズを次々放つ漫才、続くななめ45°は3人のコンビネーションが光る歌ネタでそれぞれ会場を盛り上げる。オキシジェンは、芸達者な掛け合いと畳みかけで客席を爆笑の渦に。そしてトリを務めたメルヘン須長は、1本目とは毛色の異なるブラックユーモア満載のフリップネタで芸の幅を見せつけている。

ななめ45°は優勝が発表された瞬間、喜びを噛み締めるようにガッツポーズ。MCを務めた磁石の2人も「よかったね!」と笑顔で祝福する。最後は総評を求められた掘社長が「決勝には力のある人が残ってるし、みんな納得の優勝だと思います。僕もななめに票を入れた。これからがんばってさらに上を目指してほしい」とななめ45°の勝利を讃え、彼らも「ありがとうございます!」と力強く答えていた。

「ホリプロ2016ガチバトル!」出場者
●Aグループ少年マングース / きつね / ななめ45° / ラリゴ / ヤングウッズ / もんきーちゃんねる / レオン / ダブルブッキング●Bグループさんだる / ブランドアップ / ブギープレデターズ / ヒデヨシ / アルゴンキン / オキシジェン / 青猿 / 石山雄一●Cグループイマニヤスヒサ / シュテンドウジ / あま福 / 真夜中クラシック / メルヘン須長 / くちびるケチャップ / ベビーシムズ / ハイスクール●Dグループユーマ / ベティ / メッツ / よいち / パンプキンポテトフライ / アストロインク / ハリウリサ / ホタテーズ

最終更新:8月27日(土)21時35分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。