ここから本文です

竹中直人主演作「おとめ桜」が福島でクランクイン、小峰城の伝説描き出す

映画ナタリー 8月27日(土)22時3分配信

竹中直人が主演を務める短編映画「おとめ桜」が8月25日にクランクインした。

本作は、小峰城に伝わるおとめ桜の伝説をモチーフにした物語。江戸時代初期に行われた小峰城の石垣工事で人柱として選ばれた女性、乙女を巡りストーリーが展開していく。工事責任者の藩士で乙女の父親である和知平左衛門を竹中、その妻・小絵を高樹澪、乙女をえのきさりなが演じる。メガホンを取ったのは「蝉祭りの島」「ビターコーヒーライフ」の横山浩之。

【この記事の関連画像をもっと見る】

撮影は福島・小峰城をはじめ南湖公園や白河関跡で行われ、完成後は国内外の短編映画祭への出品を予定している。劇場公開されるかは現在のところ未定だ。

(c)2016 「おとめ桜」製作委員会

最終更新:8月27日(土)22時3分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。