ここから本文です

広島・黒田、六回につかまり同点に エルナンデス、高橋が適時打

デイリースポーツ 8月27日(土)17時9分配信

 「中日-広島」(27日、ナゴヤドーム)

 広島の先発・黒田博樹投手が六回に中日打線につかまり同点とされた。

 鈴木の20号ソロで3-1と2点差にしてもらった直後の六回、先頭の藤井に二塁打を許すと、大島の右飛の間に走者は三塁へ。ここからエルナンデス、高橋が連続して適時二塁打を放ち、2点を奪われた。

 後続を断って勝ち越しは許さなかったが、四回まではパーフェクトピッチングと好調な立ち上がりだっただけに、痛恨のイニングとなった。

最終更新:8月27日(土)18時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]