ここから本文です

阪神・青柳が6回5失点で降板 バレンティン3ランでプロ初被弾

デイリースポーツ 8月27日(土)19時55分配信

 「阪神-ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神先発の青柳が六回1死一、二塁からバレンティンに25号3ランを被弾した。フルカウントからの7球目を左中間席に運ばれ、リードを4点差に広げられた。プロ11試合目の登板で初の被本塁打となった。

 6回を投げて3安打5失点(自責点は3)、98球で降板した青柳は「立ち上がりが悪かったことが一番大きかったです。初回の先頭打者からフォアボールを出してしまい、流れを悪くしてヒットを打たれたので、内野ゴロでも2点取られてしまったと思います。リズムが悪い形になってしまい、チームに迷惑をかけてしまいました」と反省していた。

 七回から登板した2番手・松田が2回無失点、3番手・島本も九回を0点に抑えた。

最終更新:8月27日(土)21時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報