ここから本文です

林家たい平、こん平師匠の「チャラーン」でスタート…24時間テレビはじまる

スポーツ報知 8月27日(土)19時15分配信

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ39 愛は地球を救う」が27日、始まった。5月に「笑点」の司会を勇退した桂歌丸(80)が、「笑点」のオープニングをほうふつさせる、観客席から「39回目の24時間テレビ。今年はおもしろくなりそうですよ」と開始を宣言した。

 チャリティーマラソンで100・5キロを走る予定の落語家の林家たい平(51)は、鍛えたふくらはぎを披露して「雨の中も練習してきたので、大丈夫だと思います」と自信をみせた。

 スタート前には、サプライズで「多発性硬化症」でリハビリ中の師匠・林家こん平(73)が登場。弟子に勇気を与えるために、長い間できなかった「自分ひとりの力で歩く」姿を披露し、「がんばれたい平 おれもまけない こん平」と直筆で書いたタオルを贈って激励。たい平は、タオルを首に巻くと「師匠から元気と勇気を今、もらいました。日本のみなさんの元気と勇気のために、一生懸命武道館まで走り抜きたい」と涙の完走宣言。師匠と「笑点」メンバーの「1、2、3、チャラーン!」に見送られ、スタートした。

最終更新:8月27日(土)20時19分

スポーツ報知