ここから本文です

高畑容疑者逮捕で代役、再編集の24時間ドラマが放送…出演者に小山の名

デイリースポーツ 8月27日(土)21時30分配信

 俳優・高畑裕太容疑者が23日に強姦致傷で逮捕され、代役をNEWSの小山慶一郎が務めて撮り直した日本テレビ系「24時間テレビ」のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」が27日、午後9時すぎから放送された。

【写真】番組パーソナリティーはオリエンタルラジオが単独で…

 同ドラマは今年の「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを務めるNEWSの加藤シゲアキが主演。高畑容疑者の逮捕を受け、仲間の小山が急きょ代役を引き受け、25日朝から撮り直し撮影に参加し、1日で終了。急ピッチで再編集していた。

 ドラマ冒頭には出演者が紹介され、加藤演じるヨシノリ先生に厳しく指導するリハビリテーションの支援員・榊京太役として「小山慶一郎」の名前が表示された。

 小山は25日朝から撮り直し撮影に参加。同日中に撮影を終えた。その後、急ピッチで編集作業を行い、この日の放送にこぎつけた。

 加藤は26日、ジャニーズ事務所の先輩、国分太一が司会を務めるTBS系「白熱ライブ ビビット」に出演し、高畑容疑者の逮捕の一報を受けた時の心境を「信じられない、受け止めきれないという感じだった」と告白。代役の小山が「急な代役で、役作りの時間がない中でプレッシャーを感じていたけど、本人も一生懸命できる範囲で頑張ると言ってくれた。現場でも粛々と役に臨んでいた」と様子を伝えていた。

 小山は27日午後6時半からスタートした「24時間テレビ」の冒頭、「ここまで色んなことがありましたけれども、一丸となってこの日を迎えることができました」と感慨深げに語っていた。

最終更新:8月27日(土)22時16分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。