ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ、Wソックスから球宴捕手D.ナバロを呼び戻し

ISM 8月27日(土)12時45分配信

 トロント・ブルージェイズは現地26日、シカゴ・ホワイトソックスとのトレードを成立させ、ディオナー・ナバロ捕手を獲得。見返りとして、マイナーの左腕コルトン・ターナー投手を放出した。

 32歳のナバロは、2014年からブルージェイズに所属。2015年オフにホワイトソックスへ移籍するも、今季はここまで85試合の出場で打率.210、6本塁打、32打点と苦戦している。メジャー13年間の通算成績は打率.251、77本塁打、364打点で、タンパベイ・レイズ時代の2008年にオールスター選出を果たした。

 ア・リーグ東地区首位のブルージェイズは今季72勝56敗をマークし、同2位のボストン・レッドソックスとは1ゲーム差。ロス・アトキンスGMは、ナバロが再び古巣でプレーできることを喜んでいたと明かし、「電話越しでも笑顔が伝わってきたよ。優勝候補のチームに加わることが、彼にとって後押しになるだろう」とコメントした。

 一方、ホワイトソックスに加入した25歳のターナーは今季、ブルージェイズ傘下のマイナーで合計44試合に救援登板。3勝1敗13セーブ、防御率1.33の成績となっている。(STATS-AP)

最終更新:8月27日(土)12時45分

ISM