ここから本文です

ヌーノ・ベッテンコート、ハリウッドでマイケル・ジャクソンをカバー

BARKS 8月29日(月)12時45分配信

8月24日、レミー銅像セレモニーで盛り上がっていたロサンゼルスでは、同日夜ハリウッドにあるラッキーストライク・ライブにヌーノ・ベッテンコートがヘッドライナーとして登場していた。

◆ヌーノ・ベッテンコート画像

こちらは毎週水曜日に行われている<SOUNDCHECK LIVE>という無料のジャムイベント・シリーズのひとつで、メキシカンナイトとして開催されたものだ。レインボーで開催されたレミー銅像セレモニーが終了した後、多くの人達がこちらの会場に流れて来たこともあり、この日のハリウッドロックシーンは凄く熱かった。

ヌーノ・ベッテンコートと言えばもちろんエクストリームのギタリストという印象が強いものの、エクストリームのイメージとは全く違う雰囲気の曲…マイケル・ジャクソン「Speed Demon」をはじめ、フォール・アウト・ボーイ「My Songs know What you Did in The Dark(Light Em Up)」、「The Stroke」(ビリー・スクワイヤー)、「Radioactive」(イマジン・ドラゴンズ)、「You are so beautiful」といったナンバーを披露し、若い世代のミュージシャンを牽引しているようにみえた。来日公演ではなかなか観ることのできないスペシャルで何が起こるか分からないライブ観が非常に魅力で、ハリウッドでは毎週このようなハプニングがたくさん起っている。こちらの会場も大変エキサイティングな状況だ。

Report, Photo&Movie:Sayaka Shiomi

ヌーノベッテンコートプロジェクト参加したメンバー一覧
・Nuno Bettencourt
・Gabbie Rae
・Chris Reeve
・Ashley Dzerigian
・Steve Ferlazzo
・Carl Restivo
・Jordan Ferreira

ハウスバンド
・Steve Ferlazzo (Avril Lavigne, Dramagods)
・Carl Restivo (Tom Morello, Satellite Party)
・Derek Frank (Shania Twain)
・Steve Fekete (Avril Lavigne, Vertical Horizon)
・Randy Cooke (Smashmouth, Dave Stewart, Ian Gillan)
ゲスト
・Jerry Jemmott (B.B. King, Aretha Franklin, The Rascals)
・Tony Palermo (Papa Roach)
・Mark Mackay (Solo Artist)
・Todd Morse (Offspring, Juliette And The Licks and H2O)
・Al Berry (Avril Lavigne, Kelly Clarskon, Stevie Ray Vaughan)
・Doug Webb (Doug Webb Trio)
・Nick Maybury (Scott Weiland & the Wildabouts, Perry Farrell, Cherie Currie)
・Jude Crossen (Patti Austin, Phil Perry)
・Alex Buchanan (The Voice, The Michael Jackson Tribute)
・Annette Frank (Generation Idol, The New Old Fashioneds)
・Rene Mauricio Rigal (Solo Artist)
・Mark Anthony Castrillon (Solo Artist)
・Lisa Margaroli (Lou Gramm, Linda Perry, Seal, Jeff Beck)
・Kevin Rankin (Animotion, Jennifer Batten)
・Stephen Jude Mills | Drummer (Gene Loves Jezebel, Jack Russel’s Great White)
・Demian Arriaga (Gary Cherone, Jonas Brothers, Iggy Azalea)
・David Goodstein (Jackson Browne, RIcky Martin, Ivan Neville)
・Johnny Martin (Frankie & The Studs, Tracii Guns, Adler)
・Alex Kane (Love, Sex and Death, The Ramones, Sass Jordan)
・Ra Diaz (Suicidal Tendencies)
・Francesco DiCosmo (Evanescence, Thin Lizzy)
・Dylan Wilson (Ritchie Kotzen, John 5)
・Barry Pointer (Methods of Mayhem, TV/Film Composer)
・Dan Kalisher (Matthew Morrison, Megan & Liz)
・Zoombie Sttar Morgan (Epic Fail)
・Kent Evans (Epic Fail)
・Alexander Burke (Save Ferris)
・Robbie Gennet (Everclear, Lisa Marie Presley)
・Drin Elliott (Estelle, Natalia Jimenez, Diana Demuth)
弦楽器チーム
・Luis Mascaro (Gloria Trevi, Transiberian Orchestra)
・Eliza James (Paul Anka, Burt Bacharach)
・Lacy Rostyak (Deltron3030, Shania Twain, Iggy Azalea)
・Sarah Greene (Violist)
・Danica Pinner [cello] (Yoshiki, Rebelution, When in Rome UK)

最終更新:8月29日(月)12時45分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。