ここから本文です

V6、21年目で国内フェス初出演へ「今からワクワク」

オリコン 8月27日(土)4時0分配信

 人気グループ・V6が、10月に東京・代々木第一体育館で開催されるテレビ朝日主催の音楽ライブイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』に出演することが決定した。V6が国内のフェスに出演するのはデビュー21年目で初となる。

 メンバーの長野博は「V6が国内のフェスに出るというのは初めてなんですが、僕たちのファンの方はもちろん、一緒に出演するアーティストのファンの皆さんにお会いして、その前でパフォーマンスできることをすごく楽しみにしています。フェスならではの雰囲気を感じながら、皆さんと一緒に盛り上がれたら」と心待ちにする。

 三宅健は「メンバー一同、今からワクワクしています。ファンの皆さんも、初めて会場でお会いする皆さんも、僕たちと一緒に『One Night Dream』を楽しみましょう。明日へのエネルギーになるようなステージをお届けしたいと思います」と意気込む。

 テレビ朝日の山本たかおエグゼクティブプロデューサーは、2011年に通称『ドリフェス』が初開催された当初から、「WAになっておどろう」などのフェス向きのヒット曲を持つV6にラブコールを送ってきたが、「国内でフェスに出たことがなかったり、フェスによく出るバンド形式のグループでないことなどもあり、今まで実現に至りませんでした」と説明。しかし、昨年デビュー20周年を迎えたV6の記念ライブなどを観た山本氏は、再度熱烈にオファーし、V6サイドが快諾した。

 会場の代々木第一体育館は、V6が1995年11月に『バレーボールワールドカップ』のイメージキャラクターとしてデビューした当初、ホームにしてきた場所。山本氏は「彼らが今年唯一のライブでV6の、そしてドリフェスの新たな伝説を作ってくれると期待しています」と熱いコメントを寄せた。

 『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』は10月22日~24日まで開催され、V6は2日目の10月23日に出演する。

最終更新:8月27日(土)4時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。